2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

Beta Evo80 Jr 練習7回目!

kage

2014/10/20 (Mon)

今回(10月19日)は、大分県豊後大野市(内山観音)のコースへ練習に行きました。

私もYutaがトライアルを始めるまでは知らなかったのですが、大分県では「大分トライアル愛好会(O・T・A)」という組織があり、県内各所で年間のシリーズ戦(県トラ 今年は全8戦)まで行っています。すごいです!
モトクロスなんて、MFJの九州選手権さえ年々会場等が厳しくなって今年はHSRと宮崎の2会場で年間6戦という寂しい状況です。そんな中、大分県だけで年間8戦!!!
これまで継続してこられた方々、ありがとうございます!
Yutaも参戦できるようにがんばるそうです!!!

話が練習からそれてしまいましたが、現在Yutaとその県トラ会場へご挨拶行脚をして回っているんです。
応利山・コマツと、行って、今回が内山なんです。
あとは庄内です!

今回は、たくさんの方々が練習に来ていて、初めてジュニアライダー(大きなYuta君)やJKライダーにもお会いすることができました。

その様子は・・・・

こんな感じです。

同じ名字のSお兄さん(漢字は違いますが 我が家は「坂」です)、ありがとうございます。

Yutaは初めて基本を直接習いました(笑)

動画の最初の方ですが、丸太を2本並べて、サスを動かす(加重・抜重)のタイミングを習いました。
許可なくお手本までアップしました、確認してませんがいいでしょうか???

Yuta曰く、「教え方わかりやすかったよ」(笑)

上から目線です・・・すみません・・・・

でも、やさしいお兄ちゃんに教わってとってもうれしかったみたいで、帰りの車中で楽しそうに話していました。
IMG_0302_convert_20141020205241.jpg

私も勉強させてもらいました。

丸太の前でサスを入れるタイミングを声掛けてくれたり、自分のリアタイヤの場所を把握できているか、リアだけ石を超えるようにして教えてくれました。
動画では撮りそこなっていますが、最後にはサスの動きだけで、リアは丸太に当たらずに越えられるようになりました。
パチパチ!!!

また、お名前をお聞きするのをわすれましたが、Sお兄さんの師匠(宮崎の方とお伺いしました)、斜面の八の字練習ではお世話になりました。
Yutaの小さなバイクで乗りにくいのにお手本を見せてくださってありがとうございます。
動画の後半の八の字なのですが、最初の方はアクセルを開けすぎて失敗しています。お手本を見せてもらった後は、「登りでは車体をできるだけ真っ直ぐにしてアクセルオン」、「滑ってアクセルを開けたい時ほどガマンしてグリップ」がわかったようで、動画でもアクセルの開け方の変化がわかります。

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、今回、直接教わることの大切さを痛感しました。

Yutaにも、「後でおとーさんに教えてって言ってもムリだからちゃんと覚えろ」って言っていたので必死だったようです(笑)

こういった緊張感大事です!

トライアルを始めて、自分が教えるのではなく、他の方がYutaに教える様子を見ていて(客観的に)気付いたことなのですが、Yutaのいいところがありました!!!

「人の動きがトレース(真似)できる」ことです。

私、モータースポーツ以外にも陸上競技の指導で長い経験(自分が選手時代も含めて)があるんです。
某陸上有名大学の有名な先生とお話しする機会があったのですが、そのとき「運動神経がいいって、よく聞くけど「運動神経がいい」ってなんなんだろうね?」というお話を聞く機会がありました。
テレビなどで、芸人さんなどが運動オンチをネタにする番組がありますが、みんな好き好んで「変な動き」をする訳ではないそうです。要は「自分の頭の中の動きのイメージと実際の動きがシンクロできるか」だそうです。「変な動きをする人たちも頭の中の自分はカッコいい自分」なのだそうです。イメージと実際が乖離するほど、みじめになるそうです。そのイメージと実際の動きが近いほど「運動神経がいい」ということなのだそうです。
で、そこに基礎体力(筋力等)が加味されて運動能力と言うそうです・・・

今まで、モトクロスのフィールドでも乗った経験ではなく「自分の持っているスピード感覚」が高いなぁと思うジュニアライダーがいました。そんな子はさっさとIB・IAへ昇格して行きました。残念ながらYutaはその感覚はありませんでしたが、練習を積み重ねて速くなっていきました。

今まで気づかなかったのですが、Yutaは「マネ」が上手なんです。

普段の生活の中でも、次男の気質なのか人の様子をよく見ています。兄のKantaの失敗などをよく見ていて反面教師にしています(笑)。

今回の練習で、お手本を見せてもらうとアクセルの開け方やライン、サスの動かし方などをマネできるんだなぁと感心しました、親バカな部分も多大にありますが・・・・

我が家は才能ないから「継続することが才能」、「地味な努力させたら日本一」と言い聞かせてきましたが、客観的に見てYutaのへっぽこな才能に気づけた練習でした。

練習に来られていた方全員のお名前もお聞きできませんでしたが、皆さんありがとうございました!

この記事へのコメント

kage

頑張ってますねぇ~

こんばんは!しょうた父です。

伝え洩れてましたが、
うちの長男もKantaでして、私も長崎出身の九州男児です(笑)

練習頑張ってますね。
楽しく乗るのが先決です!
一つ思うのは、もう少し膝の曲げ伸ばしを意識して乗ってもいいのかな?
あと、マーカーをおいてクリーン出来たら狭くするとかゲーム感覚で
チャレンジしていくのも良いと思いますよ!

バイクはうちの80と年式が違いすぎるので良く判りませんが、
タイヤの空気圧一つから、いろいろ試行錯誤して乗ると良いかもですね!
また動画を楽しみにしていますよ!

Posted at 21:53:35 2014/10/21 by しょうた父

この記事へのコメント

kage

コメントありがとうございます!

しょうた父 さん

さっそくのコメントありがとうございます。
兄がkantaだとトライアルをする運命にあるのでしょうか(笑)

今回も皆さんがやさしくて、Yutaは楽しく乗っていました!

アドバイスありがとうございます。
膝の使い方は、習ったSお兄さんからも指導されていたので、次の練習のとき注意して見ておきたいと思います。

マーカーは要りますね、今回無かったんです・・・
自作しようかなと考えています、何かいい材料ありますか?
マーカーがあるだけでYutaは俄然やる気出します(笑)
それだけで大会気分になれるそうです。

空気圧といえば、今回練習中にアドバイスを受けた中で、フロントの空気圧やハンドル位置でかなりハンドリングの軽さが変わるんですね。
ちょっとしたことなのですが、極低速でのハンドリングを意識したことが無かったのでびっくりしました。トライアル奥が深いです・・・

まだまだいっぱい試行錯誤しそうですので、今後もコメントよろしくお願いします。

Posted at 15:31:47 2014/10/22 by Yuta父

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する