2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

キッズ トライアル Beta Evo80 Jr 練習15回目

kage

2014/11/30 (Sun)

今日も先生を求めて大分県臼杵市のコマツへ練習へ行きました。
IMG_0748[1]_convert_20141130213643

少しでも交通費をケチって高速道路を使わずにどのルートを行けば一番いいのかいろいろ試していましたが、今回のルート(地元の人しかわからないサファリから別府に抜ける道)で行けば早朝の車が少ない時間帯であれば2時間(6時出発・8時着)で着くことがわかりました(ただ、車の多い帰りは同じルートで2時間30分かかりました(泣))。

今回のメイン講師は塩月おとーさん先生!!!
息子の匠君は部活だそうです、残念(Yutaがとっても残念がっていました)!
*前回はお名前等を掲載してもよいのか確認し忘れてSさん親子で掲載してました。

ということで、今回は塩月塾でいっぱい鍛えてもらいました。
IMG_0754[1]_convert_20141130214057
塩月おとーさん先生、子どもに教えるのがとっても上手(上から目線みたいでスミマセンm(__)m)なんです。
というのが、前回もそうだったのですが、必ずその日のうちに成功しそうな課題を与えてくれます。
最初はYutaができないことも少しずつアドバイスをくださって、最終的には帰るころにはできてるんです!!!

これってすごいなぁと思います。
子どもって成功体験がすごく大事だということは、今までの経験でよくわかっているつもりなのですが、実際に練習に行くとどこにハードルの高さを設定するのかっていう部分はすごく難しくて私も悩みます(ハードル設定ミスったこといっぱいです)。

ずーっと見てる我が子でさえ難しいのに、ときどきしか会わない(今回で2回目)のに、Yutaの走りをちょっと見て、ここまではできそうかなぁっていう予測を立てて課題を与えてくれるってスゴイです!!!

で・・・
今回の練習は・・・

こんな感じです。

朝、Yutaが走っているときに勢い(アクセル)だけで登りやステアケースを行くのを見て、登ったり、ステアケースを超えるときの最低限のアクセル(私の表現が変でスミマセン)というか、登り切ったところで止まって次に備える課題をいただきました。
動画の最初の部分がYutaの課題が簡単にわかる部分です。
ほんのちょっとした登りでも、アクセル開けすぎ(アクセルの開けるポイントが変?)で登ってすぐに止まれません。
力一杯おつりがでます・・・

それを、セクション練習でやると・・・
動画の次の部分です。
今回は最初からの失敗部分を敢えていっぱい入れました。
*普段も動画では上手くいってますが、こんな風に失敗いっぱいしているなかのちょっと上手くいった部分だけを編集している捏造デス(笑)

小さなステアケースを登って右にターンしなければいけませんが、正面にはマーカーと石があります。
小さなステアケースを勢いで登ってしまうとターンできないんです・・・
当たり前ですが、最初はYutaできません。
いろいろと教わりながら、少しずつ登ってすぐに止まれるようなアクセルの開け方、ライン取りを試行錯誤し、最終的にはクリーンできるようになりましたヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪

また、Yutaが幸せなのが動画でもわかるように、へっぽこライダーが走る姿を多くの方々が見守ってくれて何十回とやってやっとクリーンがでると拍手までいただけます!!!
本当に感謝デス。

動画後半のセクションも左ターンからのステアケース登って右ターンという今日の課題満載の内容でした。

昼頃から雨が降り出して、Yutaはトライアル人生初のマディコンディションに午後からは悪戦苦闘でした。
岩はすべりますね・・・
でも、じょうずな人たちはフロント・リアの荷重・抜重の絶妙なコントロール、ボディバランス、アクセルワークで滑らないんですねぇ~、晴れてても雨降ってもやってることは変わんないって感じです・・・スゴイです。

Yutaはもちろん滑ってコケまくりました(笑)

でも、今日の課題は最低限クリア(セクションをクリーン)できたことはとっても満足そうで、とてもうれしそうでした。

その日の課題をその日にクリアすること=トライアル楽しい

これってすごく大事ですよね!!!

へっぽこ親子はこの小さなクリアを積み重ねていくしかないんですよね・・・

今日、塩月おとーさん先生から私が習ったことですごく印象に残っているのが、「トライアルは走破するのが目的」、「セクションはインしたらアウトしなきゃいけない」、3点でアウトすることの大切さ・・・
日本語が下手でスミマセン・・・
何だか上手くお聞きしたことを表現できませんが、これまで素人おとーさんの思考回路には「クリーン」しかなかったんです。
3点の大切さって考えたこともなかったんです。

でも、今日の帰りにYutaも爆睡してて、1人で考えてたら・・・
「自分の人生って3点人生かな」って思いました。
多分、クリーンは無いです(笑)
足を何度もつきながら、なんとかって感じです・・・

我家のトライアル活動も、クリーンを目指しながら3点を大切にすることを心掛けたいなと思いました。

意味不明でスミマセン・・・

塩月おとーさん先生、今日もありがとうございました!
また、今日もいろんなことを教えてくださったり、暖かく見守ってくださった皆さん、本当にありがとうございました!

今日もすてきな一日になりました!

「あざーっす!」

自転車練習

kage

2014/11/29 (Sat)

昨夜から今朝にかけて雨が降ったので、今日はおとなしくしております。

私は整備に専念し、
Kantaは期末考査の勉強でストレス180%!!!
Yutaはまった~りしております・・・・

で、そのYutaですが、天候も回復した夕方に、私の整備の傍らで自転車練習です。
IMGP7731_convert_20141129194914.jpg
いつの間にか・・・上手になってます。

多分・・・他のトライアルライダーとYutaとの違いは、バイクと自転車同時進行な部分です。
自転車の延長線上にバイク(モト)があるのではなく、バイクのための自転車練習です。

自転車も安く手に入れ(その節はありがとうございますm(__)m))、自主練にYutaがんばっています。

バイクのフロントアップに苦戦していますが、自転車だとこれくらいは2ヶ月でできるようになりました。

自転車のほうが、自由に操作できるそうです。
ただ、静止(ゆっくり動く)しようと思うとバイクの方が楽だそうです???

不思議です???

私、どちらも経験ないのでよくわかりません???

ただ、モトクロスの頃、自転車乗れない子が、PW50やCRF50には乗れる子をいっぱい見てきました。
結局、自転車ってペダルを漕ぐことで自分のバランスを崩している部分が多大にあります。
左右にペダルを踏み込む動作は左右に重心が動くことになります。バイクはその動作が無い分だけ安定するんだと思います。
Yutaもそれが影響して、バイクの方が止まりやすいのかなと思います・・・。

でも、不思議なのがバイクでフロントアップに悪戦苦闘している間にその感覚で自転車でフロントアップを簡単にできるようになりました。
相互作用というか、不思議です・・・

Yuta以外に自転車とバイクのトライアルを同時に始めた子を見たことないので何とも言えないのですが、いい感じで相乗効果が生まれてます。

昔は、自転車とバイクは別物!
最近はバイクのテクが自転車の応用と言われる時代にYutaはどういった存在になるのでしょう???

へたっぴなりに練習を積んでいるみたいです!!!

明日は、どこに行こうかな?
やっぱり、コマツかなぁ???






カウンター・・・ワッショ-イヽ(´∀`)メ(´∀`)メ(´∀`)ノワッショ-イ

kage

2014/11/27 (Thu)

こんばんは、平日なのにYuta父デス。

今日、仕事から帰って、パソコン見たら・・・・

カウンターが・・・

1000超えてるじゃないですか!!!!
ワッショ-イヽ(´∀`)メ(´∀`)メ(´∀`)ノワッショ-イ

ブログを開設した2ヶ月ちょっと前(9月5日です)にはまったく想像できませんでした・・・
自分で開設しておきながら「こんな素人ブログ見てくれる人がいるんだろうか」、「ブログを開設しておきながら、誰も見てくれず自然消滅で自分の黒歴史完成」とか・・・けっこうネガティブなイメージしか正直なかったんです。

それが、様々な方々のお力添えて、素人へっぽこブログも徐々にカウンターが積み重ねられていき、1000という大台(有名ブロガーの方の一日分(笑)、でも私にとっては天文学的数字に近いイメージ)に乗ることができました。

この場をお借りして、へっぽこ親子のブログを見てくださる(育ててくださる)皆様へ感謝申し上げます。

今後も、我家の家訓
「最大のライバルは自分!」
「自分のジャマをするのは自分!」
「頑張れ自分!」
を胸に、頑張って楽しくトライアル生活を綴っていきたいと思います。

「頑張れ自分!」




フィールド幸楽 閉鎖????

kage

2014/11/26 (Wed)

今日、ネットでいろいろ見ていたら・・・・

フィールド幸楽閉鎖????
IMG_0125 (640x480)

我家から一番近い全日本開催のトライアルコース!!!
春には伝説のゲロ系エンデューロレース、GEKKOーONEが開催された伝説のコース・・・

ショックです・・・

コースも広いし、皆さん親切だったのに・・・

閉鎖がどんな理由なのかわかりませんが・・・
管理運営をしてくださっていた「かまじい」さんをはじめ幸楽メンバーの方々・・・
本当にありがとうございました。

なんだか・・・
寂しいです・・・・

【追 記】
フィールド幸楽トライアルパーク 代表 永田福太郎 様のコメントが出ていました。
クラブ員の方(?)のブログ(「試みる」という名の道楽)に掲載されています。

また、はっきり確認はできていませんが、すぐに閉鎖というわけではなく、2014年いっぱいは走れるような情報も他の方のブログでありました。
近いうちにYutaと行ってみようと思います・・・


Beta Evo80 Jr インプレ その3

kage

2014/11/25 (Tue)

今日もそろそろ終ろうかとしておりますが、土曜日に仕事を頑張ったので明日もお休みなYuta父は、ブログをアップしております。

Yutaがトライアルを始め、我家にBeta Evo80 Jrがやってきてもうすぐ3か月・・・

いろいろなことがあって、いろいろな方と出会うことができて、人生初のブログをやって・・・・
とても濃厚な月日でした。

Yutaや私の生活に劇的な変化を与えてくれたBeta Evo80 Jr、3回目のインプレです。

納車されてから現在までの間(2ヶ月と20日程)で、だいたい基本的なセッティングはできてきました。

まず、Yutaと車体の関係からおさらいします。
ライダー
Yuta ♂ 10歳 小学4年生 身長130cm 体重26kg
*基本的に同年齢より小型です。この身長は小学3年生の平均値とほぼ同じです・・・

で、こいつがBeta Evo80 Jrに乗ると・・・
IMG_0674_convert_20141124232923.jpg
こんな感じなのですが、実際にはかなり小さいです。
Yutaが乗ってるから普通に見えるだけなんです。

先日、比較用にコマツのコースで撮影(同じBetaで)させていただいたのが・・・
IMG_0681_convert_20141124233702.jpg
IMG_0680_convert_20141124233610.jpg
これです。
横並びだとわかりにくいかもしれませんが、重ねてみると一目瞭然です!

これだけ小さいのに、やっぱりそのままでは小さなYutaの体には合いません。
そこで・・・
ストック状態から、Yutaの体格に合わせて変更したのが、
① ハンドルを左右25mmずつカット(まだ切ってもいい位デス)
② ハンドル位置をかなり寝かせて体に近くする
③ クラッチが遠いので、アジャスター部分を削って近づける
④ Rサスはコンプレッション・リバウンドの調整機能はないので全ユル状態
⑤ Fサスはフォークオイルをシャバシャバ広島高潤3番へ
⑥ フットブレーキはステップから遠すぎるので、後付けボルトオンペダル部分(いただきもの)で調節

これで、だいたいYuta(同じ体格位の子ども)にはOKな感じになっています。

また、ときどき現れる兄Kanta(中2だけど154cm・40kg弱、こちらも小さいです!)がストック状態のサスでいい感じでした(上記のような変更をするとサスがフルボトムしてしまいます)。
そしてKantaの体格では、ちょっと車体が小さくで自然なフォームになりにくい感じです。

こういったことから考えると・・・
Beta Evo80 Jr は、「Kantaに短し、Yutaに長し」といった感じなのでしょうか?
二人の体格差を考えたら、身長140前後・体重30kg前後くらいのキッズが乗れば一番いい感じのような気がします。

また、エンジンに関しては・・・
我家だけかもしれませんが、ノーマルではすごくカブる状態でした。
①プラグの番手変更(純正8番 → 5番)
②チャンバー裏に遮熱シート貼り付け
③スロージェットの変更(38 → 35)
で、現在はカブり症状も解消されています。

で、これからしなきゃいけないことは・・・
① Fフォークのインナーチューブのガード装着
② フレーム・エアフィルターボックス・サイレンサー等のガード類装着
  *これらは早急に対策しないと、結構やられてマス(泣)
③ 可能であればステップを1個分前に移動
  *このほうがバランスが良さそうな感じがします
といった感じです。

私が素人でなければ、ここまでに2ヶ月以上もかからないのですが・・・・
なんとか、ここまでできました。

といった感じのインプレ3回目(インプレと言えるのだろうか???)でした。

最後に告知です!

我家のマシンも基本的なセッティングができてきたので・・・・

このマシンに試乗してみたいキッズライダー募集します!


我が子にトライアルをさせてみようかなと思っているおとーさん・おじーちゃん!
まだ、大人用のトライアルマシンでは難しいかなぁと思うような130cm前後のライダー予備軍に乗せちゃってみませんか?
遠慮はいりません。
別に私、バイク売る商売はしていませんし、お札や壺や羽毛布団を売るようなことも致しません(笑)

私もYutaもこれからいっしょにやっていくお仲間が1人でも増えればと思うだけです。
装備も合えばお貸しします(ウェア・ガード類などMX時代のものがいろいろあります)。

もし、「試乗してみたい」・「見てみたい」という方がいらっしゃったらコメント欄へよろしくお願いします。

また、イベント(レース)等への声かけもしていただければ世界に1匹しかいないYutaと日本に2~3台くらいしか入ってきていないBeta Evo80 Jrで参りたいと思いますので(可能な限り)よろしくお願いします。

トライアルの世界に飛び込んで以来、僅かな期間の中で多くの方々のご支援・ご協力で私たち親子はやってこれました。
これから少しずつでもトライアルの世界へ自分たちもお返しができればと考えています。
今回の告知はその小さな小さな一歩だと考えています。

いつの間にか日付が変わってました。
いつもこれくらいの記事で1時間以上かかるYuta父でした・・・

みなさん、おやすみなさい。

キッズ トライアル Beta Evo80 Jr 練習14回目

kage

2014/11/24 (Mon)

11月24日(月)
自宅裏のYutaトライアルパーク(仮名)で練習デス。
期末考査の試験勉強で練習にも行けないストレス120%のリアル中2病Kantaも参戦です。

その様子は・・・

こんな感じです。

昨日習ったこと(フロントアップ等)を復習して、小さな丸太でタイミングを合わせる練習をしました。
今回の秘密兵器は「長靴」・・・デス・・・

足首の硬いMXブーツとどうちがうのかなというのを確認したくて履かせてみました。
ほぼ平地のYutaトライアルパークなら危険性も少ないかなと考えてやってみました。
結果としては、今までより動きますね・・・・
やっぱり、ブーツを考えます・・・。

フロントアップは以前より上がってきているのですが、こんなにアクセルに頼っていいのかなという感じもしますが、本人は上がっていることが自覚できてうれしいみたいです。
ただ、小さな丸太に合わせようとおもうと、とたんに以前の体使わないフォームに戻るのがおかしいです(笑)
結局、まだ自分のタイミングであって、目の前のステアケースなどには対応できないことがよくわかりました。
一歩一歩ですね・・・

でも、こんな風に自宅裏ですぐにちょこっと練習できるのはイイです!

トライアル万歳!

子どもたちは3連休も終わり、明日からまた学校です!

私は・・・・
土曜日に出勤だったので、明日までお休み!!!
でも、一日整備かな?

キッズ トライアル Beta Evo80 Jr 練習13回目

kage

2014/11/23 (Sun)

11月23日(日) 大分県臼杵市のコマツで今回も練習デス!

ちょっと遠いけど、ここに来れば教えてくださる方々がいっぱいいるので、できるだけ通いたいコースです。

最初にフロントサスのチェックをして、広島高潤の3番でいい感じですね!
すごいシャバシャバオイルで心配でしたがYutaにはばっちりみたいでサスが動くし、少しですが自分で押し込みやすいみたいです。

で・・・早速今回の練習風景が・・・

こんな感じです・・・

今回の練習は特に「体を大きく使う」「フロントアップ」を課題にしました。

でも、そればっかりでは楽しくないので半分以上は放置プレイの放し飼いデス・・・。
大好きなマーカーを置いた練習も、ちゃんとSお兄さん先生がYuta用にビギナーセクションを作ってくれました。
一見簡単そうに見えて、曲がった後すぐのステアケース(小石)や曲がった後の登りなどマーカーの位置が絶妙でライン取りをきちんとしないと失敗するようになっていてとても勉強になりました。また、目線のおきかた(Yutaは近くを見すぎ)なども教わることができました。
素人おとーさんも日々勉強デス!

それから、今回はステアケース(小さな石ですが・・・)をYutaが超える際に2度吹かしばかり(勢いだけの2度吹かし)なので、1度吹かすだけで超えることも習うことができました(動画の1分ごろです)。

また、Yutaが久しぶりに「アクセルガンガン開けたい病」が発症したのか、1人ヒルクライム大会を開催して、1人で盛り上がっていました。フロントもろくに上げられないのにこんなのは今までの経験(モトクロスやエンデューロ)で大得意です。何だか楽しそうにやってました(笑)

で・・・
今回のもうひとつのテーマである「フロントアップ」ですが、いろんな方々からいろんな方法を教わりました。
みなさん、体の使い方というかサスの入れ方・・・結論(基本)は1つなのだと思うのですが、いろんなアプローチの方法があるんだなぁと思いました。本当にありがとうございます!
iPadで「フロントアップ道場」なる動画まで見せていただき、昼ご飯食べながらYutaはず~っと見てました。これくらい一生懸命勉強すれば・・・は言いません。本人なりに懸命なのがわかります。
その一生懸命さと教えてくださった方々のおかげでYutaちょっと成長できました。
動画で見ていたければ私の錯覚や贔屓目ではないですよね???
体を大きく(膝を入れて)使えてますよね・・・まだまだ使わなきゃいけませんが・・・
劇的ビフォーアフターです。

本人も帰りの車中で動画を確認して、自分の変化(いかに今まで体を使っていないかが)よくわかったみたいです。

ただ、今回きちんと確認しましたが、やっぱり足首がMXブーツでは動きません(わかりやすくいうと今のブーツでYutaは「う○こ座り」できないくらい足首動きません)。どうにかしないと動画でも動かない足首をどうにかしてごまかすために膝を前に入れるときにはステップの前面に足裏がいってソールの踵部分の出っ張りをステップにひっかけているような感じです。動画には入れていませんが、何度か身体を後ろに引く際にステップを踏み外す場面があり、ちょっと怖かったです。
キッズ用のトライアルブーツ・・・
現在Yutaが21cm、ブーツサイズで34です・・・
どこかにないかなぁ・・・
もし、情報がありましたらよろしくお願いします。

話が逸れていってしまいましたが、今回もみなさんのおかげで実のある楽しい練習になりました。
「あざーっす!」
明日は、Yutaトライアルパーク(仮名)で、きょうのおさらい予定です。

フロントフォークのオーバーホール

kage

2014/11/21 (Fri)

前回の練習でYutaがやっちまったフロントフォーク・・・

部品もそろったので昨日オーバーホールしちゃいました。

前述したようにオイルシールは Beta motor Japanさんのおかげで1日で届いたのですが、せっかくの機会なのでフォークオイルの粘度変更も企んで、商品待ちの状態でした。
そのフォークオイルが・・
IMG_0646_convert_20141121204315.jpg
これです。
広島高潤の3番(基本リア用)!
3番とはいえ、めちゃくちゃ柔らかいです!
フォークオイルの番数なんてメーカーごとにバラバラなので当てにはなりません。
動粘度で確認するのが一般的(ネットで「フォークオイル 粘度」で検索すれば比較表がヒットします)ですが、その中でも広島高潤の3番はずば抜けて柔らかいです。
40℃で5.0m㎡/sです、サラサラです、大丈夫かちょっと心配なほどです。
とりあえずこれ入れてみて、Yutaに走らせて本人に様子を聞いて、周囲の方のお知恵を借りて(私にはトライアル車のサスの動きはわかりません・・・)、5番あたりとブレンドしていこうかなと考えています。

で、バラしたフロントフォークがこんな感じです・・・部品少ないです(笑)
IMG_0644_convert_20141121204607.jpg


当たり前にトップボルトを外して,スプリングなどを抜いて、エンドボルトを外して・・・
さぁ、力一杯引っ張って、「インナーチューブごとオイルシールを抜くぞ」と気合いを入れて引っ張る前にひっくり返したらインナーチューブがスポンとかって抜け落ちちゃいました・・・・
インナーチューブを地面に落としかけてアヮヮヮ・・・(汗)
スライドメタルやワッシャーなど、何も無いんですね・・・びっくりしたぁ~

バラすときはびっくりしましたが、スライドメタルもワッシャーも無いインナーチューブだから、先にオイルシールを気楽に打ち込んで、後でインナーチューブを入れられるのはいいですね!
ちょうど良いのが32mmのコマだったので、オイルシールにあてて打ち込みます。
IMG_0645_convert_20141121204905.jpg
超楽デス!
1時間かからずに、左右作業終了です!

前回、一生懸命シコシコしたインナーチューブも大丈夫みたいです (´▽`) ホッ

そういえばフロントフォークで素朴な疑問があったのですが・・・
トライアルやエンデューロの世界では、コンペなマシンは倒立フォークがほとんどでジュニア用のKX位しか正立を見ない状態でした。
Yutaとトライアルを始めてトライアル車見る機会が増えると・・・正立フォークばっかりなんですね・・・
正立・倒立それぞれのメリット・デメリットがあって、トライアルでは正立のメリットの方が大きいのかなぁなんて勝手に考えていますが、どうなんでしょう・・・・
コメントよろしくお願いします。

とりあえず、私がフロントサスを押し込むとすごい簡単に沈みます、でもYutaがやると・・・です。
エンジンもかけずにやったので、日曜日の練習で確認デス!

Yutaの小学校 全国版ニュースに出る!

kage

2014/11/19 (Wed)

トライアルとは全然関係ない話題ですが・・・・

Yutaの小学校が全国版ニュースにアップされました。

というのが・・・
無題
このイヌ・・・

Yutaの小学校の登校中の児童を7人も噛んじゃったんです・・・

田舎では大ニュースだなぁと思っていたら、気がつけば全国版のニュースにも出てます・・・

ケガをした児童にはYutaの知っている子もいるようです・・・

で、なんでこの話題をアップしたかというと・・・
Yutaが「この犬どうなるの?」ということを風呂の中で聞いてきました・・・
多分・・・殺処分なのかなぁと私が考えていたら、Yutaも同じことを考えていたんでしょうね・・・

「イヌには刑務所ないのかなぁ?」

子どもにとっては素朴な疑問なのでしょうが、大人には考えさせられます・・・
う~ん



キッズトライアルライダーのポジション

kage

2014/11/18 (Tue)

平日なのに珍しくブログをアップするYuta父です。

だって、日曜日にお会いできた皆さんから「ブログ見てますよ!」って言われたら何だか頑張ろうって思えてしまうんです。

私、「褒められて伸びるタイプ」かもしれません、40半ばにして気づきました(笑)

さらに、オイルシールを昨日の夕方にBeta motor Japanさんへ注文したのですが、今日、仕事から帰ってきたらもう着いてるではないですか・・・
富山県と大分県ってけっこう遠いと思っていたのですが、現在の流通事情すごいです!
さらに、部品を国内に在庫してくださっているBeta motor Japanさん、ありがとうございます!

話しはそれてしまいましたが、昨日、Beta motor Japanさんから部品発送のメールをいただいた際に、「結太くんの成長記ブログ「Trial and Error Yutaのトライアル日記」を楽しく読ませていただいております。」なんていう一文が添えられているではないですか・・・またまたやる気になってしまいます、本当にありがとうございます。

で、本日のお題ですが・・・

「ポジション」です。

今までも、モトクロッサーなどでも「シートポジション」や「ハンドルポジション」、「ステップのポジション」など本人のライディングに合ったポジションをいろいろやってきました。
モトクロスのキッズライダーなんて、車体が大きすぎると溶接でステップ2段重ねなんて技もあります(スタンディングでもシートが近いとリアが跳ね上げられたときに、お尻が突き上げられて前転するんです、怖いです)。

ただ、私・・・ご存知のとおりトライアル素人です。
トライアルのポジション・・・
よくわかりません・・・

あまりにもターンでYutaがつらそうだったのでハンドル切ったくらいです・・・

それが、今回(日曜日)の練習でお会いできた方に教えを乞うことができたんです。

お会いしたかった方、その2です。

素人おとーさん、以前から地元大分県内でトライアルに強いショップさんってないのかなぁと思っていたんです。
今までお伺いした県内のトライアル場で見るトランポによく貼られているショップのステッカー・・・
気になってはいたんです。

ガレージ・TETSUさん、大分市内のショップさんです。

そのご主人さんにお会いすることができました。

ご主人がトライアルライダーだったんですね、県内に心強いショップさんあったんですね!
素人って・・・無知は恐ろしいです・・・

早速、YutaのマシンとYutaの体格を見て、ハンドル位置の変更を勧められました。
体が小さいのでハンドルをできるだけ近づけないと体をいっぱいに使えないということだそうです。

で、変更した姿が・・・
IMG_0630_convert_20141118203728.jpg
こんな感じです!
かなり体に近い方へ寝かせました。
モトクロスでいうと成田スタイルです!

このほんのちょっとがすごいんですね・・・

乗ってすぐにYutaが「超楽!!!」「体が動かしやすい!!!」と大絶賛です。

体が小さいからこそ、大人以上にちょっとしたポジションの恩恵をうけるんでしょうね。

ガレージ・TETSUさん、ありがとうございました!

前回の動画(練習12回目)のラスト20秒くらいがポジションを変えてからの動きです、よ~く見てもわからないかもしれませんが生で見ると素人おとーさんにでも動きが大きくなった感じがしました(錯覚かもしれません・・・)。

この記事を書く前に、IB山崎選手のおとーさんにメールでお伺いしたのですが(いつも私のしょぼい質問にいっぱい回答してくださってありがとうございます)、ポジションだけでなくYutaには「もっとハンドル切ってもいいかも」というアドバイスやグリップをスリムにするという方法も教わりました。勉強になります。

トライアルって他のモータースポーツ以上に体を大きく・いっぱい使うなぁと素人おとーさん思っていましたが、体を使うためにもポジションの大切さを今回知ることができました。

ただ、以前から私も気になっていたのですが、今回の練習である方から指摘を受けたこと・・・
「Yutaくん、モトクロスのブーツじゃ硬くて足首曲がりにくいから膝も曲がらないんじゃないかな?」
そのとおりだと思います・・・
Yutaの装備はモトクロス時代のまんまなのです・・・
どうにかしないとです・・・

でも、現在足のサイズが21cmのYuta・・・こんなサイズのトライアルブーツって日本にあるのでしょうか?
その前にブーツ代を稼がなければという問題もあるのですが(笑)

悩みは尽きません・・・