2014 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 10

休日に考える・・・・

kage

2014/09/27 (Sat)

今日は・・・・
明日がYutaの運動会なので、ケガでもしたら激怒されるので休日だけどおとなしく過ごしています。

でも、兄Kantaの中学新人戦(陸上)の応援、Yutaトライアルパーク(?)の造成作業と忙しい一日でした。

Yutaトライアルパークは・・・・
1
こんな感じです・・・

刈った草も燃やしてしまえ~!
と、簡単に燃やせるのも田舎の特権!

半分位の草刈りが終わったので、知人のつてで小さなバックホーを借りて本当に造成しようかな?
こんなときに気まぐれで受講した小型車両系の資格が役立つなんて!!!

その間・・・
Yutaは・・・

syasinn2

自転車で練習してました・・・

Yuta、いつの間にか30cm弱のステアケースはクリアできるようになっていました!
しかも、ステアケースを超えるときに体重移動をして、ガードにも当たらないような技を身につけていました。
私は、出勤が早いので知らなかったのですが、Yutaは、朝練(登校前)してたみたいです。
人間って・・・・
モチベーションが99%ですね!


場所や時間を考えずに練習でできる!

こんなところがトライアルっていいですね!

箱庭トライアルパークも300坪ありますが、モトクロスやエンデューロでは広さも足りないし、騒音の問題で練習なんてできません。

実は、私・・・
2年前に肝内結石という難病を患って、肝臓を6割ほどカットしました。
でも、再発します、というかしてます・・・

その間の入院・自宅療養でKanta・Yutaは約3ヶ月バイクに乗れませんでした。

モトクロスの世界で、キッズやジュニアの成績は練習量に如実に比例します!

例えば、
週末の土日に練習できる環境の子どもと、日曜日しか練習のできない子どもでは、年間で倍以上の練習時間の差ができます。実際にアメリカのAMAで活躍しているライダーのほとんどは、キッズ・ジュニア時代は通信教育です。学校なんて行ってません。そうやって練習時間を確保しないと生き残れないそうです・・・

我が家も・・・

実は、Yuta・・・

2年前の全日本MX第1戦CX(50ccのチャイルドクロス)で優勝してるんです・・・・
3
全日本優勝ライダーなんです!!!


トライアルは素人ですが・・・・

我が家では「エリート素人」と呼んでいます。

そんな、Yutaも私の病気のために、その後は厳しい戦いを強いられました・・・・

モトクロスって、そのコースをどれだけ走りこんで、どれだけセッティング出せてっていう部分が大きいのですが、Yutaは私の体調のせいで、ぶっつけ本番がほとんどでした・・・

今回、トライアルの転向して私が良かったなと思うのは、「条件がイーブン」だなって思うことです。
コース(セクション)設定がわかる条件もイーブンですし・・・・

練習しようと思えば(素人の間?)、箱庭で何とかなるし・・・

以前は、自分の体と相談して、週末の練習を考えていましたが、それがMFJのレースに出るわけでもなく、なんだかのんびりできるようになりました(Kantaは別ですが・・・)。

最悪、自宅で練習できるというのは、私の肝機能にいい感じです(笑)。



日本、いや世界中でモータースポーツに取り組んでいる親子がたくさんいると思います。

やるからにはトップを目指すのは当たり前ですが、環境がなければ厳しいのも現実です・・・

できる限りのことはしたいのですが、無理なもの(私の体調・経済的問題)は無理なんです・・・

今、できることを精一杯しよう。

私の病状が悪化したときは・・・
そのとき考えよう・・・

何かのCMで「モノより思い出」というフレーズがありましたが、子どもたちが自立したときに自分一人でもモータースポーツを、競技を、やり続けてくれたら嬉しいなと思います。

モトクロスからトライアルに転向しても、ずーっと走り続けて欲しいんです。

走ることが楽しいなら、走り続けて欲しいんです・・・・

私が、もし、いなくなっても・・・・

自分が走る道がわかるなら・・・・

いろんな人の力を借りて・・・・

自分の道を走る!

「最大のライバルは自分!」

「自分のジャマをするのは自分!」

「頑張れ自分!」

我が家の家訓です・・・



今日、草刈りしながら・・・そんなことを考えていました・・・


頑張れ、自分!





プラグ その2

kage

2014/09/25 (Thu)

Beta Evo80 jrのプラグについて2回目です。

転倒すると、カブって始動性が悪くなります。
プラグを替えようとすると前述したように、この↓CDIユニットが大きな壁になります。
IMG_0089 (640x480)
抜くのも大変、はめるのはもっと大変と、強敵です!

CDIユニットを移設しようとも考えたのですが、天下のBETA様が考えた場所、他には見つかりません・・・・

で・・・・
先日、佐賀大和でも転倒した後、まったくエンジンがかからなくなったので、プラグ交換かなと思って車に行くと・・・・
無いんです・・・・
どこを探しても・・・・

プラグが・・・

スケアリ~orz!

どうしようかと、見知らぬ周囲の方へ聞いてもBR8ESは持っていないとのこと・・・・

もうだめかと思ったときに

KantaのKTM85SXもBRだったような・・・・
確認すると「BR8ECM」、SとCMの関係ってどう違うんだっけ???

サイズを確認すると、違うのは座面上の寸法だけ、ECMの方がかなり短いです、それ以外は外観一緒です。

えっ・・・・

短い・・・・

それって・・・とっても都合がいいのでは・・・・

ということで、取り付けてみると・・・・

何ということでしょう(劇的ビフォー・アフター風)・・・・

楽に取り付け、取り外しができるではないですか~!!!!

エンジンも一発始動!!!

こんな、簡単な解決方法があるなんて!

でも、BR8ESとBR8ECMの違いが気になるなぁ???

NGKのHP見ても違いがよくわからない・・・・

どなたかご教授ください。
お願いします。

Beta Evo80 jr 練習4回目!

kage

2014/09/25 (Thu)

2014年9月23日、佐賀県のフィールド佐賀大和へ練習に行きました。
兄Kantaがエンデューロ、弟Yutaがトライアルだと一緒の練習場所が限られてきます(泣)・・・

Yutaははじめての佐賀大和ですが、広大な敷地で人も少なかったので自由に走れて楽しかったようです。

やっとトライアル4回目の練習ですが、マシン(Beta Evo80 jr)にも慣れてきたのか、モトクロッサーとの違いが
わかってきたのか、少し走りが変わってきました。

その様子が・・・・

こっちが見てて大丈夫????と、思うような(素人だから思うだけかもしれませんが)挙動でも、平気みたいです。
ヒルクライムでフロントが多少上がっても、アクセル開けまくっています。
おとーさん、見ててちょっと変な汗出ました。

やっぱり、3歳からバイク乗って、モトクロスで死ぬような思い(ハイサイドでふっ飛ぶ、ギャップで前転、2連ジャンプを跳びきれず刺さってふっ飛ぶ、鎖骨を折りながらもレースに出る etc)をしてきたら、10歳にして何かが壊れているのでしょうか?

おとーさん、ちょっとYutaの将来が心配です・・・いろんな意味で・・・・

でも、今日も楽しそうです。

自分で考えながら、同じ場所でもアプローチをする場所を変えて、少しずつ難易度を上げているようです。
これだけの思考力を学力に活かせれば・・・・

素人目線ですが、多少大きな岩などにアタックしてみたいようなのですが、意図的にフロントアップする技術が無いので苦労しているみたいです。フロントサスをもっと動くようにしたらいいのかなとも思いますがどうなんでしょう?
私がEvo80に乗ると、トライアル素人ですが簡単にフロントアップできます。サスを押し込んで、戻るタイミングでアクセルを開けると簡単にフロントアップできます、気持ちいいです!!!
ただ、Yutaに同じようなことをさせても、体重がないのでフロントを押し込めず、アクセルを開けてもホイルスピンしてしまいます・・・・
リアサスは、ユルユル状態です。フロントは5番のフォークオイルが入っているようなのですが、もっと下げるべきなのか、油面も考えるべきなのか・・・素人早速行き詰まってます???
どなたかご教授ください。

Beta Evo80 jr 練習3回目!

kage

2014/09/24 (Wed)

9月21日に豊後高田市の応利山に行きました。
大分県トライアル選手権が開催される会場で、ど素人親子が挨拶がてらに草刈お手伝いに行ったのですが、
時間を外してしまったようで誰もいませんでした・・・
Yutaが乗りたいと言うので、許可がいるのかなぁ~と思いながらも乗らせてもらいました。

林の中で、元来スリッピーな感じのコースに2日前まで雨なので、初めてのスリッピーコースでYutaは何だか
リズムをつかめない感じでした(こんな練習も大事です、レースは雨天もあります・・・)。

どんな条件でも、ど素人にはいい練習!!!
スリッピーな路面、緑色の岩にYutaも考えるようになったので、実りある練習でした。

ただ、当初の目的である大分トライアル愛好会(OTA)の方々にはお会いできずに残念でした。

今日、父が考えたこと・・・
スリッピーなので、空気圧を0.25まで下げたけど大丈夫(本当に大丈夫?)!

Beta Evo80 jr インプレ その2

kage

2014/09/16 (Tue)

とりあえず、
2回ほどトライアルコースで練習してみたので実走してみてのBeta Evo80 jrの素人インプレ第2回です。
IMG_0133 (640x480)

先に言っておきますが、ど素人なので、難しいセクションをチャレンジなどはしていません。簡単なキャンバーやヒルクライムなどだけです。

サスについては、納車のときにこんなに柔くていいのかなと言われましたが、体重26KgのYutaにとっては超硬いサスでした(笑)
リアは超ユルユル状態です。フロントもフォークオイルの番手を下げていい感じです。
慣らしが終わったらもう少し動くかなという感じですが・・・・
*どれくらいの体重を基準にこのマシンは設定されているんだろう?
 ただ、KTMのときの経験で欧州車は欧州の子どもが基準です。適正な年齢と体重が日本人には無茶苦茶です。
 7歳で30kgって・・・・どんだけ大きな子どもなんでしょう???

ハンドルも身長130cmのYutaには長すぎで、前述したように40mmカットしました。

で・・・

実際に走ってみて(私は走らないので、客観的に見た部分と、Yutaのコメントから)、キッズ用のマシンですが、しっかりトライアル車のようです。先日もコースで試乗してもらいましたが、みなさん驚いていました。
特にエンジンが、しっかりトライアルの特性が出ていていいそうです。
*私にはわかりません???

実際にYutaがモトクロッサーの感覚でヒルクライムを登ろうとすると、ホイルスピンしまくりでした。
半クラできちんとトラクションをかけてあげると、きれいに登って行きました。

車両のサイズですが、Yutaが乗っていると、大きさを錯覚します。
ちょうど、大人が普通にトライアル車に乗っている感じです。

ちょっと大きい大人が乗ると、サーカスで見た光景になります・・・・

それでも、Yutaには若干大きいかなという感じもあるので、140cm位のキッズが乗ればジャストフィットな感じです。

2回の練習で、Yutaがとっても「上手」と褒められるんですが、マシンのおかげな気がします。
それほど、Yutaは何も考えずに飄々とライディングしています。
「アクセルを開けている」と褒められましたが、Yutaにとっては今まで(モトクロス時代)の半分も開けていない感覚だそうです。自分で「今日、アクセル半分しか使わんかった!」と威張って言っています。
超初心者だからこそ、マシンに助けられながら成長できるような気がします。
練習でも、楽しくてなんぼですから!

そういう意味では、Beta Evo80 jr がもっと認知されて、たくさんのキッズライダーが乗ってほしいなと思います。

簡単ですが、第2回目のインプレでした。


Beta Evo80 jr 練習2回目!

kage

2014/09/15 (Mon)

昨日は、メンテと草刈に費やし、今日は練習に行くぞ~!

場所は、我が家から最も近いトライアルパーク
椿市オフロードパーク
福岡県行橋市でトライアルチーム2次元の方々が管理されているパークです。

7月に1度見学に行っていたので、今回初練習に行ってみました。
前回もそうだったのですが・・・
みなさんとても優しいです。

ど素人親子の何がわからないかさえわからない「無知の無」状態でも、親切に教えてくれます。
傍目で見ていて、Yutaが過疎地のたった一人の小学生のような「金の卵」状態で、優しく接してくれます。

今日は、
父:メンテ(空気圧やサス、混合比、etc)についていっぱい教わることができました。
Yuta:キャンバーでのラインや体の使い方、ギアの選択などいっぱい習いました。

その様子は・・・・

こんな感じです。

Yutaとっても楽しそうです。
楽しそうに一生懸命やってます。

最初は、トライアルしたいって・・・どうしよう・・・・と、
思っていましたが、転向して良かったと思います。

身代わりアスリートではないけれど、親が無理やりやらせても伸びません・・・・
自分がやりたいと思ったものが一番だと思います。
ただ、自分から言い出したのだから、中途半端はさせません。
自分のケツは自分で拭ける人間になってほしいので・・・

自分でトライアルをしたいと言ったのだから、泣き言も言わせません。

多分・・・言わない気がします・・・・

本当に楽しそうです。

何となく幸せな休日でした。

箱庭トライアルパーク?

kage

2014/09/15 (Mon)

以前から、ちょっと目をつけていたのですが・・・・
我が家の裏に、空き地があります・・・・
IMG_0147 (640x480)

所有者はお向かいさんです・・・・

道もないので、売るにも厳しい場所で、畑をするか、いいとこ太陽光パネル建てるくらいしか用途の無さそうな土地です。
時々、トラクターで耕しては雑草が生えないようにしている土地です。

私の父親経由でお伺い・・・・

お向かいさん:「ひとつ仕事(草刈)が減るなら有難い、自由に使っていいよ!」

あざーす!!!

Yuta トライアルパーク 造成開始。

2時間の草刈で・・・
IMG_0156 (640x480)
半分位の草刈完了!

約300坪の土地を自由に使える・・・

田舎者だからこその特権

Yutaが妖怪ウォッチでコマさんの「もんげ~」を、よく真似ていますが、

こんなに上手くいくとは、

「もんげ~」

プラグ

kage

2014/09/15 (Mon)

プラグです。
純正はチャンピオンですが、NGKでの相当品はBR8ES。
安い部類で助かりました。

が、

安すぎます・・・・

近所のホームセンターでこんな売られ方・・・・
IMG_0148 (480x640)
2本で568円
安いです。

でも、オチがありました、ちゃんと・・・・

BR8ESは2種類あって、この安い方は端子がネジ式のものにアルミのダルマ端子をつけているので緩み安いです。
よくあるNGKの1本ずつ箱売りしているちょっとだけ高いものは端子が固定式のものでした。

モトクロス時代の経験で、アルミの端子はだんだん削れてきて、はずれやすくなります。
*ハイスピードで振動の多いモトクロスだからかもしれませんが、レース中に外れてDNF経験あります。

端子固定でも、1本400円もしないので懐に優しいです。

過去に、KTM50・65SXのプラグはKTMがNGKに特注したモノで、イリジウムでもないのに、定価1800円・・・
カブらせた息子をシバき倒したい気持ちに何度させられたかわかりません。
*これも後日、NGKに問い合わせたら、対応品(端子がネジ式しかないものをKTMがダルマ端子の固定で特注しただけのものだったので、アルミのダルマ端子をつければ、もとは安いプラグと判明しました)がありました。
このとき、NGKのような大企業が、素性の知れないユーザーの質問メールに対して、大変丁寧に返答してくださったことにすごく驚きました。こんなところで企業の姿がわかる気がしました。
今更ですが、NGK様 あざーす!!!

マグネットスィッチ装着

kage

2014/09/15 (Mon)

前後しますが、マグネットスィッチ装着です。
とりあえず、配線を見て・・・・

IMG_0109 (640x480)
ここだと確認しますが、タンクを外さないと難しい様子・・・

タンク外します。

IMG_0110 (640x480)

ここが、アースで、
IMG_0112 (640x480)

あと、ここが接続部、
IMG_0114 (640x480)

そんなに難しい作業もなく、無事終了!!

IMG_0116 (640x480)

だったのですが・・・・

後日、フィールド幸楽で、「普通左手につけるよ・・・」とご指摘いただき、左に変更しました。

orz

素人って・・・・

う~ん・・・・

ハンドルカット

kage

2014/09/15 (Mon)

初練習で、やっぱりハンドルがYutaに対して長かったことを実感・・・・
「ハンドルフルロックでレバー握れない」んだそうです・・・
キャンバーの下りで怖いそうです・・・・

ハンドルカットします。
IMG_0149 (640x480)

ということで、必要なモノは・・・・
IMG_0150 (480x640)
パイプカッター!!!
今までは、ショップ(ダートバイクZIMさん)でやってもらっていましたが、自分でチャレンジ!
IMG_0151 (480x640)
今回は、760mmのハンドルを710mm(片側20mmずつカット)で様子を見ます。
場所を決めて、焦らずに少しずつ締めながらクルクル大会!
2周回しては増し締めの要領で、すぐに切れてしまいました。
呆気ないというか、簡単でした。

両側をカットして・・・・

IMG_0152 (480x640)
素人だからこそ、丁寧にバリ取りして・・・

IMG_0154 (640x480)
無事、完成!!!

で・・・
グリップエンドは、今までもエンデューロで使用していた硬質プラスティック製(変わらないかとは思うのですが、金属製よりいいかなという思いで使っていました)。
IMG_0153 (480x640)

実は、これ、トライアル界では有名なKOレーシング様の製品だったのです・・・
加えて、今までチャンバーの凹みなどの修理はショップから外注だったのですが、これもKO様だったそうです・・・
お世話になりました・・・

さぁ、これでライディングがどう変わるかな???